国別により相場は大幅に異なる

蜂蜜

日本国内で販売されているハチミツには、国産品と輸入品が存在しており、それぞれの費用の相場は大幅に異なるため、確認が必要です。国産品の費用の相場の場合、養蜂家自らが手作業で採取していることが多いため手間賃がかかり1kg程度で3千円前後の物が多いといいます。対して海外からの輸入品の場合、1kgあたりで600円から800円前後で販売されている物が多いため、国産品と比較すると低価格です。とはいえ、品質に関してはうまみ・コク・栄養価などすべてを合わせても海外産より国産品のほうが品質が良いといわれています。購入するときにはコストを抑えたものを選ぶか、品質の高い物を選ぶのかによって、選択する基準が大幅に異なるでしょう。

日本国内では輸入がとても多い

蜂の巣

日本国内で生産されているハチミツは、セイヨウミツバチと日本ミツバチに分かれており、日本ミツバチの生産量は圧倒的に少ないです。セイヨウミツバチは1つの巣に対して1年で平均50㎏前後の蜜が取れますが、日本ミツバチは年間平均5㎏前後となっています。その分味は非常に濃厚で美味しいといわれており、良質で一度食べたら忘れられない物と感じている人が多いです。日本では現在ハチミツの9割程度を輸入に頼っているため、市場で見かける物はほぼ海外産であり、残りの1割弱ほどがセイヨウミツバチの物だといいます。日本ミツバチの物は非常に希少価値が高いため、ネット通販でもめったに見かけることのないレアなアイテムといえるでしょう。季節により販売されていないことが圧倒的に多いため、一度でいいから食べてみたいと思うなら、販売している専門の業者のホームページにアクセスしてみることをおすすめします。

ネットでは国産品が良く売っている

コムハニー

スーパーマーケットで販売されているハチミツと、インターネットで販売されている物では値段が非常に異なっているのはなぜなのでしょう。その理由の一つに、現在の日本国内ではハチミツの輸入が多く生産国や採取方法が圧倒的に異なることをあげる人は圧倒的に多いです。スーパーマーケットで販売されているほぼすべて、海外産といっても過言ではないくらい日本では輸入に頼っています。対してインターネットで販売されている物に関しては、農家自らが販売している物や、農家と専属契約をして仕入れている業者の物です。そのため、日本国内産の物が多いといわれており、品質や味に関しても非常に大きな違いがあると感じる人が多いといいます。購入するときには味や品質などをよく理解したうえで、複数のサイトを比較して納得できるものを購入して試すことが必要です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中